アミノレブリン酸は生命維持に不可欠で

subpage1

アミノレブリン酸は別の名を「生命の根源物質」とも呼ばれていて、それは、存在するあらゆる動物や植物の体内にあるアミノ酸の一種であり、生きていくためのエネルギーの産生に欠かせないものです。


アミノレブリン酸は体内で合成されるのですが、17歳をピークとして低下していきます。加齢やストレスなどにより減少していくのです。


しかし、あらゆるものの中にあるものということで、不足してきた分は食事などから摂取できるともいえます。

アミノレブリン酸が不足してくると、体が必要としているエネルギーを作る力が衰えるようになり、それが疲れやすくなったり体温が低下したりと、体調がよくない状態となっていきます。
アミノレブリン酸は医療や農業などの分野でも効果があることが実証されているのです。
アミノレブリン酸を与えられた植物は葉緑素が増えて葉の緑色が濃くなり光合成が向上するようになります。

All Aboutならお任せください。

光合成が活発になることで健康的でその上大きな植物に育っていきます。



自然環境で日照不足になった場合や、普通は育ちにくい低音度や時には塩害の時なども効力を発揮するのです。
それは人に対しても大きな力を発揮します。
体温をあげて冷え性を改善したり、褐色脂肪細胞はそれを活性化させると体質的に痩せやすくなるというものですが、その細胞に作用して体温を上げたり、体脂肪や内臓脂肪を減少させます。


冷え性が改善されることで免疫力もアップし健康維持に大きな期待がよせられます。



近年、サプリメントや化粧品などにも応用されています。